VRを利用することによって発生する3D酔いについて紹介します。

 

3D酔いの原因

近くのものを見た時、水晶体が膨らむ事を「調節」、だんだんと寄り目になる事を「輻湊」と呼びます。この2つの作用が同時に起こる事で立体感が生みだされます。

しかし3D映像においてはスクリーンまでの距離が一定であり、現実の立体を見ている状態とは異なるため、その矛盾が3D映像を見て疲れる原因となっています。

 

悪化すると斜視になる可能性

3D映像を視聴した児童が目が内側に寄った「斜視」症状の事例が報告されています。大人の場合2,3日すれば改善されますが、発達期にある子供の場合、自然に元に戻らなくなってしまう可能性があるそうです。

 

3D酔いの対策方法

ただいま調査中。