2016年に大ブームを引き起こしたVRですが、普及しているものはVRゴーグルのみでまだまだ世に浸透はしていないみたいです。しかし歩行型トレッドミルコントローラーの普及でさらに爆発的にはやることでしょう。では一般人がこのVRビジネスに参入する方法ははたしてあるのでしょうか?調べていきたいと思います。

VRソフトを開発・販売する

大手でしかできない力業。もうすでにソニーなどがプラットフォームをつくり販売しているので、技術がない人が参入するのは難しそうです。しかし3D空間を作成するスクールは乱立するのではないでしょうか・・・ということはVRの技術を学べる学校の需要が拡大するのでしょうか?

clipimage_22

ソフトはさまざまな業界で活用されるはずです。考えられる方向は

・介護業界

・教育業界

・ゲーム業界

などほとんどの業界で活躍が期待できますね。

VR機器をリースする

近年VRゴーグルの発売によってさまざまなコントローラーが販売されています。今後トレッドミル型歩行型コントローラーも普及していくでしょう。しかしどれも高価なものばかりですね。ということはこれらのコントローラーをリースするビジネスモデルが考えられますね。さらにはVRゲームをプレイするための準備などもすべてパックにして売り出す方法などがいいかもしれません。

virtuix-omni

例えば介護業界ではゲームセンターのゲームを設置したところ、老人たちが遊んで元気がでたとかテレビで特集してました。しかし老人たちがVRを始めるとなるとかなりの労力がかかるでしょう。そこでリース会社で一括設置みたいなものができれば便利ですね。

まとめ

調べていくうちにたくさんの技術が発見できて1記事でまとめられる内容でないことに気づきましたので分散していきます。ひとつだけいえることはVRや技術を理解できていなければどんな小さなビジネスにも参入できないということでしょう。技術を理解していればどんなアイデアにも飛び込めるような気がします。