みなさんVRVR騒いでますけど、酔うし周りは見えなくなるし、コントローラーが必要だし・・・と思ってたところでMRという技術を発見しました。MRという技術はなにがすごいのか紹介します。

MRは何の略か?

MRとは「Mixed reality」の略で日本語では複合現実と呼ばれています。モニター型のメガネに様々なグラフィックスを表示させる技術です。

複合現実(ふくごうげんじつ、英: Mixed Reality、MR)とは、現実空間と仮想空間を混合し、現実のモノと仮想的なモノがリアルタイムで影響しあう新たな空間を構築する技術全般を指す。ミクスト・リアリティ[注 1]、複合現実感とも。拡張現実 (AR) と拡張仮想 (AV) を包含する概念である。空間的整合性、時間的整合性、光学的整合性など実空間と合致させる要素によって、その性質が評価される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E5%90%88%E7%8F%BE%E5%AE%9F

イメージしやすいのがドラゴンボールにおけるスカウターです。

clipimage_23

スカウターは現実の視界に連動して情報を表示するシステムがありました(漫画中では強さを数値化することができる)。VRと一緒じゃん、と思ったあなた。実用性が全然ことなります!

VRとMRの違いは?

VRはすべての視界が現実とはことなる映像が映し出されますが、MRは透明なモニターに映し出されるので現実の風景をベースに情報が表示されます。VRはバビディの宇宙船のなかと考えるとわかりやすいでしょう。

clipimage_218

宇宙船内では重力と風景のコントロールによって遠い衛星の環境を再現していた。これはVRの原理と同じです。つまりMRよりVRのほうが技術的にはすごい技術だということがわかります。しかし利便性という点を考えると断然MRでしょう。

Microsoftが開発中のMR「HoloLens」

以前にグーグルがグーグルグラスというツールを開発しましたが、なぜか開発中止、販売中止していましたが、Microsoftが「HoloLens」を開発しているというのです。

clipimage_24

これはVRと違い装着しても周りの風景をみることができます。そしてMRを装着してみた複合現実がコチラです。

VRより断然夢があるようにみえます!しかし日本ではMRではなくVRと呼ばれそうな気がしますね。スマートフォンをスマホと呼ばれるぐらいですから。。。この技術が普及すれば様々なことが実現可能となります。こちらについては後日調べていこうと思います。