VR元年と呼ばれる2016年にビッグニュースが到来しました。昔、電通がはやらせようとしてぽしゃった「セカンドライフ」の創業者がVR仮想空間「High Fidelity」を公開しました。その全貌とは?

High Fidelityとは?

Oculus RiftとHTC Viveに対応したVR仮想空間。ただしPC画面でも立ち上げることも可能である。ユーザーは空間内でリアルタイムにユーザーと交流できるほか、オブジェクトを配置することができる。このシステムが一般的に普及するとどうゆうことができるのだろうかみていこう。

Second Lifeの生みの親が開発したVR仮想空間「High Fidelity」、Steamにて早期アクセス版を公開

現在・過去の街、架空の街を歩き回れる

以前の記事で江戸時代にタイムスリップすることで脳の働きを活性化して認知症予防になるのでは?と話していたが、High Fidelityはそういった風景を安易につくることができるプラットフォームになることが期待される。

Second Lifeの生みの親が開発したVR仮想空間「High Fidelity」、Steamにて早期アクセス版を公開

世界中の人とボーダレスに交流

世界中の人と翻訳マシンを介してボーダレスに交流することも可能になるのではないだろうか?たとえば世界中の人とオセロを楽しむとかができるだろう。

Image result for セカンドライフ オセロ

第2の経済となる?

仮想世界のなかにECサイトや広告を配置することも可能だろう。

Image result for セカンドライフ 広告

トレッドミル型コントローラーで完全な仮想空間に

やはりVRゴーグルだけではただモニターが全方位になっただけである。VRの真骨頂は歩行型トレッドミルコントローラーの普及が第一である!